パルス療法に詳しい医者と療法に使う薬

イトリゾールは白癬には高い効力

イトリゾールは、真菌感染症を治療する医薬品として知られています。微生物の中でカビ、酵母などは、真菌と呼ばれています。細菌と違い真菌は、進化して人に近い細菌の形式をとっています。
真菌によっておこる感染症に水虫、たむしなどの白癬やカンジダ症などがありますが、どれも完治するまで時間がかかります。
人の細胞はその回りを細胞膜で覆われてその細胞膜は、主にコレステロールで構成されています。一方真菌の細胞膜は、エルゴステロールという物質で構成されています。イトリゾールなど抗真菌薬の効力は人には作用しないで、真菌に毒性を示すよう細胞膜の構成成分の違いを利用しています。このイトリゾールは、白癬菌、カンジダ属、アスペルギルス属に強力な効力を示しています。しかし爪や皮膚への移行性がよく貯留性にも優れているため、爪の中に真菌が隠れ込んでしまう爪白癬の治療は困難です。
イトリゾールは皮膚や爪の表面に存在する真菌症だけでなく、内臓の奥深くで発症する深在性真菌症にも有効です。とくにイトリゾールは外用薬では治りにくい難治性の水虫(主に爪水虫)やカンジダ治療に効力の高い医薬品ですが、リスクも高いので服用には注意が必要です。
副作用としてはむくみ、発熱、ほてり、耳鳴り、筋痛、関節痛などがあります。とくに重大、重篤な副作用としては心臓の収縮力の低下による血液送出量不足のためうっ血性心不全など呼吸困難になるおそれがあります。また肺水腫、肝機能障害、皮膚粘膜眼症候群などもあります。
これらのような重篤な症状は希におこることですが体質、他の薬との併用などの関係もあるので、服用を開始した初期にはとくに注意が必要です。
自分の判断で服用中止にも医師のアドバイスが必要です。